地域資源を活かす、
企業のビジネス視点を提供するメディアです。

有田町の窯元・商社×窯元の煙突

バブル崩壊後から続く、
町のムードを変える。

2016年、創業400年を華々しく迎えた有田焼。バブル期は料亭や高級旅館から有田焼の注文が相次ぎ、ドイツの宮殿を模した豪華絢爛な観光地で注目を集めたりした有田町でした。しかしバブル崩壊後は焼物の売り上げがピークの6分の1になり、町も閑散とした印象に変わっていました。
そんななか、子供たちに少しでも明るい話題をという想いから、創業400年に向けていち早くアクションを起こした窯元や商社など有田町の熱い人たちをご紹介します。


アイデアのヒントは、
子供のころ言われた有田らしい逸話だった。

通常より陶磁器が安くなる有田陶器市は、毎年九州で1,2位を争う集客があるものの、バブル以降町全体で焼物の売上が落ち、あまり明るいニュースがなかった有田町。子供たちに、なにか明るいニュースを提供したいという想いで、窯元や商社などに勤める6人でこまめに集まり話し合いを続けていました。アイデアを出していくなかで、有田焼で器以外のものをつくることはすでにやりつくされているので、有田町のアイデンティティを残したアイデアを模索してたどりついたのが、むかし親に言われていた冗談だったといいます。「うちに来ているサンタは、窯の煙突からプレゼントば持ってこらすとよ」と。

これを現実にしてみよう!そんな遊び心から、実現に向けて動き出します。プロジェクトは、有田焼と同じく分業制で、広報担当、サンタ担当、設置担当、事務局担当など一人ひとりが分担することで、本プロジェクトへの想いも上がっていきました。

ものづくりの町らしく、
指にまでこだわるリアルさを追求。

最初は、通販で7,000円ほどのサンタを購入し、窯の煙突に設置してみたのですが、痩せっぽちのサンタで、だれが見てもニセモノ。そこは、ものづくりにこだわる有田人。どうやったら本物のサンタに見えるか、サンタをバラバラにして試行錯誤を繰り返します。焼物を包む梱包材をサンタのなかに入れて太らせたり、もともとミトンのような2本指だった手を5本指にしたり、靴下と子供用の靴を履かせたり…。さらに、煙突にサンタを取り付ける際は、設置スタッフに、地面から「もう少し右」「足をもうちょっと上」など細やかに指示し、人間の動きにもとづく姿に。クリスマス前に現れる、あわてんぼうのサンタクロースというリアルでユニークなサンタを演出しました。設置後は、「煙突に人が登っている」という連絡を受けるほど、リアルなサンタに仕上がったといいます。また、ラッキーなことに、設置をお願いした㈱九電工は、ちょうど有田町での奉仕作業を探していたタイミングだったことから快く引き受けてもらえました。担当者が有田工業高校の卒業生で町になにか恩返しをしたいという気持ちが強かったこともあり、献身的に担当してくれたそうです。

だれもが、気軽にたのしめるコンテンツ

2012年に10軒の窯元に10体のサンタを設置することでスタートしたプロジェクト。今では参加窯もサンタも2倍以上に増え、期間も半月ほど長いものになりました。これは、有田町でイベントが少ない冬だったことや町内でもイベントが少ないエリアを狙ったことで、非常に重宝がられたそう。また、拡散に一役買ってくれたのが初回から開催しているFacebook上でのフォトコンテスト。いまでは、写真好きの九州北部のひとたちが、このイベントを冬のフォトスポットと認識してくれています。撮影の角度や、どのサンタがよりユニークに撮れるかなどを独自に研究されていて、また別の盛り上がりもみせているといいます。

3回目を迎えた2014年は、子供たちの夢をかなえるイベントを同時開催。「プロのケーキづくり体験をしたい」という小学生3人に地元のパティスリーで体験をしてもらったり、「本物のサンタクロースに会いたい」という小学生2人にはグリーンランド国際サンタクロース協会公認サンタクロース・パラダイス山元さんに会ってもらったりし、いままでで最も子供達が主役になった記念に残る回になりました。

2016年は初日に、バルウォークという移動式屋台とともに窯元が連なる有田の街をお酒とおつまみを味わいながら歩くイベントを行いました。これは、もともと別のイベントでバルをされていた人を巻き込むことで、もっと集客したいサンタチームと認知度をより高めたいバルチームというお互いにとって相乗効果がありました。さらに、地元の飲食店がサンタのお好み焼きを作ってくれるという協力もあったといいます。誰でも気軽に、自分たちができることで参加して、みんなでもっと育てていきたいという想いがあるそう。

いまでは、少し肌寒くなるとサンタが煙突にサンタが現れることを心待ちにする人がたくさんおられます。かつての大人たちの冗談を形にした、かつての子供たち。そんな大人たちが暮らす町の子供たちは、大人になるとどんなユニークなことを実現してくれるか、これからが楽しみになってしまいます。

 

ページトップに戻る