187

地域のコネタ

大阪 × タオル

本日は、1887年から大阪でつくられる泉州タオルについてご紹介。

特徴は、“後ざらし”という、織りあがった後に洗いをかけることです。タオルを製造するときは、綿糸にノリをつけています。それは、強度を増したり、機械のすべりをよくするため。ただ、このコーティングがあることで、織りあがりのタオルは吸水性の悪いものに。洗いをかけることで、ノリだけでなく製造時のわずかな汚れまで落とし、清潔で吸水性もアップ。心地よいタオルに仕上がります。

▼泉州タオルが買える店
http://local-resource.net/shop05